勉強方法を知ろう(漢字検定(漢検)合格しよう!)

勉強方法を知ろう(漢字検定(漢検)合格しよう!)

TOPページ 漢字検定とは > 勉強方法を知ろう

 

勉強方法を知ろう

漢字検定を受けてみたい!と決心したものの、いったいどこから手をつければいいの、と勉強方法に迷う方も多いかもしれません。

でも、大丈夫。

まずは、無理のない級から受験してみましょう。

一つ合格する事により、自信と達成感が生まれ、もっと上の級に向けて挑戦する意欲が湧いてくることでしょう。

年間、実に200万人を超える方が受験している漢字検定。

最近は認知度も高まり、書店をのぞいてみても、ガイドブック・問題集の豊富さは他の検定の比ではなく、特別コーナーを設けている所すらあるのです。

内容はそれぞれですが、種類が豊富ですし、級別になっているものや、過去の出題傾向を徹底的に分析されているものばかり。

無理なく効率的に実力をつけるには、まずは書店に足を運び、実際に手にとってみる事をお勧めします。

検定のイメージもつかめますし、自分に合った内容のものがきっと見つけられる筈です。

例えば受験まで一ヶ月しかない!という人向けに、一ヶ月調度で勉強出来るように、全体を30回分に区切ってある問題集もあります。

実際に教材や問題集を手にいれたら、確実に漢字検定の勉強の為に使える時間を作る努力をしましょう。

誰にでもやるべき事や、予定は色々ありますが、毎日30分でも1時間でも、漢検専用タイムを作るのです。

起床時間を早くして、その時間をあてるのもお勧めです。

朝は頭もすっきり。

周囲も静かで、集中するには最適な時間帯です。

電車やバスで通勤・通学をされている方は、移動時間も活用出来ます。

具体的な勉強方法ですが、とにかく、問題集をひたすら解いていくのが、一番ではないでしょうか。

それも、直接問題集に答えを書き込むのではなく、別のノートを用意して、そちらに記入していくのです。

そうすれば、同じ問題を何度でも繰り返し解く事が出来ます。

気を付けて頂きたいことは、いくら良い問題集を手に入れて真面目に取り組んでいても、やりっ放しでは余り効果がない場合もあるということです。

必ず答え合わせをし、間違えた問題には印をつけておいて、二回目はそれだけを集中的にやるとか、無駄なく確実に力がつく方法を取ることが大切です。

なお、平成18年9月には、某メーカーの携帯ゲーム機用の漢字検定過去問題対策ソフトまで発売されました。

これには過去の問題が25,000問も収録されているとの事。いつでもどこでも構えずに手軽に勉強出来るのは魅力です。

ゲーム感覚で取り組んだ方が、はかどるタイプの方はぜひ利用されてみては如何でしょうか?

◆漢字検定といえばこの二つがオススメ!通信講座で本格的に!という人はユーキャンの漢字検定講座。添削もあってやる気が持続すること間違いなし!目標の一つにしましょう。

また、そんなにマジメにやりたくない人にぴったりなのが、今話題の「ニンテンドウDSの財団法人日本漢字能力検定協会公式ソフト 200万人の漢検 とことん漢字脳。ゲームなら楽しみながら出来ちゃいます。

・・・・ただ、結構すぐにあきてしまう可能性があるのでご注意を。私は3ヶ月ぐらいやったら飽きてしまったので、本格的に漢検をとろうという人は教材などを買ってきちんと勉強しましょう。

スポンサードリンク

ページトップへ↑